廃棄物処理は専門業者に依頼するのが鉄則!

産業廃棄物マニフェスト

工場

確実な業者を選ぶ

企業の運営を続けていく上で、産廃を排出することは避けられません。廃棄物処理は、多くの企業で問題となっています。産廃を減らす取り組みも、一部の企業で進められていますが、ゼロエミッションに到達した企業は希少です。多くの製造業では、廃棄物処理を専門業者に委託していますが、業者選びには注意が必要です。産業廃棄物処理業者のランキングを調べると、料金の高い業者がランクインしています。その理由は、産業廃棄物マニフェストを発行して、最後まで確実に処理をしてくれるという点に係っています。料金の安い廃棄物処理業者を選ぶと、この産廃マニフェストの発行がないばかりか、処理委託した産廃がどうなったかも分からない場合が多々あります。もし、自社が排出した産廃が不法投棄されていたら、大きな社会問題になります。産廃は処理委託をしたらそれで終わりではないのです。企業は排出した産廃について、最後まで責任を負う義務があります。その義務を確実に遂行するためにも、産廃処理業者の選択は重要です。将来的に環境ISO規格の取得を目指す企業であれば尚更です。産廃処理に不備があったことで、社会的な信用を失っては元も子もありません。企業が信用を失えば、それを回復するためには長い年月が必要となります。産廃処理は、企業にとってお金に変えられないことでもあるのです。そのような背景から、産業廃棄物マニフェストを発行する処理業者が選ばれているのです。

業者選びは慎重に

解体工事

ガレキ選別は業者に依頼してしまった方が安心です。大きなガレキを重機や選別ができる専用の機械を使うことで、がれき撤去にかかる時間を短縮することができます。また、リサイクルに対応している業者だと、費用を軽減する効果も期待できます。

適正に廃棄物を排出しよう

作業員

廃棄物を扱うときは産廃選別を行う必要があります。その際は産廃業者に処理を委託するといいでしょう。業者を選ぶときは、きちんと行政から許可を受けているところなのか調べておく必要があります。またリサイクルする技術があるかも確認するのがおすすめです。

適切な処理は許可業者で

トラック

一般廃棄物は家庭系・事業系に分けるゴミのことです。さいたま市においては収集運搬・処理許可業者を公表しているため、確認をしてからの依頼が安心でしょう。ネット上で情報が得られる業者の選定がポイントで、事業内容や料金の詳細が確認できます。広域で対応する業者が多いため、別の場所でも依頼可能です。